資生堂HAKUの化粧水、乳液で肌の潤いを取り戻しました

20代後半の女性です。

肌は混合肌です。

社会人になってから、季節の変わり目の肌の乾燥がとても気になるようになりました。

デパコス

それまでは安いオールインワンの化粧品を使用していたのです。

が、このままではいけないと思い、思いっ切ってデパートで販売されているデパコスを試してみることにしました。

お値段も高いですし、美容部員の方から私の肌にあったものの提案もあり、安心だなと思って使用していました。

が、肌は一向に良くならず・・・。

季節の変わり目に気になっていたカサツキが、ずっと気になるようになってしまいました。

 

そもそも値段も高いし、デパートまで買いに行かないと手に入らないという不便さもありました。

なので、もう一度スキンケア商品について考え直し、選んだのが資生堂HAKUの化粧水、乳液です。

資生堂HAKUは、お値段は化粧水4950円、乳液5500円

この資生堂HAKUは、お値段は化粧水4950円、乳液5500円です。

HAKUを使い始めたきっかけは、今回はデパコスをやめてドラックストアにしようと思い、近くのドラッグストアで美容部員の方にお勧めしてもらったことがきっかけでした。

実際使用してみたところ、化粧水は少しとろみがあり、すごくよく伸びるテクスチャーで、肌にグングン浸透していくことが感じられます。

乳液の方もテクスチャーはよく伸びます。

また、乳液はよくべたつきが気になります。

が、この乳液は塗った直後はもちろんべたつきますが、しばらくするとしっとりもっちりした肌に変わっていきます。

なので、べたつきが気にならないところも魅力に感じました。

資生堂HAKU、一つ欠点に感じていること

一つ欠点に感じていることとしてはHAKUという名前の通り、紫外線に強い化粧品なんだと思います。

が、実際に効果があるかはあまり実感できていないところです。

しかし、HAKUを使用するようになってから、私が気になっていた季節の変わり目の乾燥が全く気にならなくなりました。

肌の状態がいつも安定するようになったので、これからも使用したいと思っています。

私はHAKUを使用し始めて2年、約2か月に一回くらいのペースで購入

私はHAKUを使用し始めて2年近く経ちます。

約2か月に一回くらいのペースで購入しています。

ドラッグストアで買えるので、スーパーでの買い物帰りなど必要な時にすぐ手に入るところも魅力です。

また、詰め替え用が販売させているので、毎回容器を買う必要もなく、コスパもいいです。

 

最近は他のドラッグストアで買えるコスメもきになっており、雪肌精という化粧品に注目しています。

こちらもお値段はHAKUと同じくらいです。

ドラッグストアでおすすめして頂いたので使ってみたいと思っています。

もし肌の乾燥に悩んでいるし、ドラッグストアで手軽に化粧品を買いたいと思っている方がいればぜひ資生堂HAKUをお試しください。

お勧めです。

Related Post